記事の詳細

SMO対策(Social Media Optimization)というのも、最近のSEO対策では常識となってきました。

ソーシャルメディアで被リンクを確保し、アクセスアップを狙うという事ですね。

ソーシャルメディアとは、ネット上でのコミュニティの事を言いますね、有名なのはツイッター(twitter)、フェイスブック(facebook)です。
これらのメディアには、ユーザー同士の情報交換が出来、ユーザーが自分の情報を配信出来る事が特徴とされます。

ユーザーが自分の情報を配信出来るのであれば、オススメサイトも紹介出来ますからSEO対策にとっては有効となる場合があります。
もちろんアクセスアップにもつながりますから、優秀なサイトを運営されているのであれば、思わぬところからの被リンクを確保する事が出来るのです。

ソーシャルメディアとはどんなものがあるか、例をあげてみます。

  1. SNS系 フェイスブック(facebook)・ミクシィー(mixi)など
  2. ブログ系 アメブロ(ameba)など
  3. ブックマーク系 はてなブックマーク・ヤフーブックマークなど
  4. 質問系 ヤフー知恵袋・OKWaveなど
  5. Wiki系
  6. 動画系 ニコニコ動画・Youtubeなど
  7. ミニブログ ツイッターなど
凄く多いのです、ソーシャルメディアは。
これを利用しない手はございません。


自分で簡単に出来るSEO対策と言えば、今は相互リンクなどよりもソーシャルメディアを使ってやった方が良いでしょう。

しかし、ただ被リンク確保だけではGoogleのガイドライン違反になりかねませんので、価値のあるサイトを紹介するという事で宣伝するのが良いと思います。

価値のあるサイトを作り、そこにユーザーを呼び込み、役に立つというのは自然の流れですからね。

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る