記事の詳細

SEO対策(検索エンジン最適化)のGoogleのアルゴリズム、内部リンク編です。

SEO対策において結構軽視されがちな「内部リンク」ですが、これもGoogleのアルゴリズムにちゃんと入っており、
地味に重要な要素なようです。
内部対策(内部要因)をしっかりしてこそ、外部リンクも活きて来ますのでしっかり対策したいですね!

内部リンク:5の要因

  1. ページへの内部リンク
  2. ターゲット/同一のアンカーテキストを含むページへの内部リンク
  3. コンテンツからページへの内部リンク(ナビゲーションバーやパンくず)
  4. nofollow属性を使用したリンク
  5. 内部リンクの密度
サイト内のページ移動には欠かせない内部リンクですが、その使い方は主に「ユーザビリティー」を意識しなければなりません。
閲覧者が便利に活用出来るサイトは、簡単に移動出来、わかりやすいサイトがSEO対策では重要です。

特にパンくずや、ナビゲーションバー等は常識となっているほど重要です。階層も分かり易いですし。
サイトマップの存在も、重要な内部リンクとなっています。

サイトの全体像を1度に見れるコンテンツは「ユーザビリティ」なのでしょう。

SEO対策で一時期、内部リンクを全てNofollowにするという事が言われていましたが、小細工はしない方が良いでしょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る