記事の詳細

SEO対策(検索エンジン最適化)のGoogleのアルゴリズム、コンテンツ編です。

価値の無いコンテンツが多いサイトは、やはり検索の上位に表示されずらい傾向があると言えます。
閲覧者に有用な情報を配信していくのも、SEO対策と言えます。
以下にGoogleのアルゴリズムの中のコンテンツの14要因をご紹介します。

コンテンツ(内容):14の要因

  1. コンテンツの言語
  2. コンテンツの一貫性
  3. コンテンツの量(HTMLテキスト)
  4. リンクされていないコンテンツ密度(リンクとテキスト量の比率)
  5. 純粋なテキストコンテンツの量(リンク、画像、コードなどがない)
  6. コンテンツの新鮮さ(最新のニュースなど)
  7. 情報の意味(フレーズベースのインデックス)
  8. 一般的なカテゴリのコンテンツフラグ(ナビゲーション、情報、トランザクション)
  9. コンテンツ/ニッチ市場
  10. フラグ付きのキーワードの使用(ギャンブル、出会い系等)
  11. 画像内のテキスト(ALT属性)
  12. 悪意のあるコンテンツがあるか
  13. 誤字脱字、悪い文法、句読点なしの10,000ワードスクリード
  14. 新しさ/新しいフレーズの使用
専門的なコンテンツを取り上げたサイトは、SEO対策に有効だと思います。
多くのもの、ワードを盛り込んだサイトというのは、上位表示が難しい傾向にあります。

例えば、車のサイトなのに、食べ物のコンテンツがあったり。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る