記事の詳細

検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)略してSEO対策について

検索エンジン最適化(SEO対策)は、1990年代半ばに最初の検索エンジンが当時のウェブサイトを登録した時から始まりました。

それから20年程経った現在・・・
業種によってはどんな広告よりも集客力の高いビジネスツールとして有効活用されています。

検索エンジン(最適化)を制するものが業界を制す!と言わんばかりの威力を誇り、多くの企業が上位表示を狙っています。

SEO対策には「内部要因」と「外部要因」があり、ウェブサイトを評価する基準ともなっています。

内部要因は、いわば「誰でもやってて当たり前」の事なので、競合他社との差別化は難しいのです。
ですから、順位に差が出来るのは「外部要因」が大きな役割を果たしています。

検索エンジンは「検索エンジンアルゴリズム」で各サイトを評価している現在(人間が目で見て判断していない)
※最近では人間が判断する場合も出てきていますが

必ずしも内容の濃い、ユーザーにとって有益なサイトばかりが上位表示されるわけではないのです。

これが、Googleが追求、研究している大きな壁であり、検索エンジン最適化の面白いところでもあります。

外部要因の力を伸ばすには、企業が独自で行うとなると、専門のスタッフの人件費や大きな手間がかかってきます。

そこで、「SEO対策」事業者が生まれてきたのです。

人件費や手間を考えると、費用対効果が高く、外部対策を意識的にしている所に勝つには外部対策をしっかりしなければならない。

検索結果の上位表示になれば、その分売り上げがあがったり、知名度があがりますから業種によっては生命線です。

越えられない壁を越えるには、検索エンジン最適化の重要性を理解したうえで、費用対効果の高い業者を利用するのが良いでしょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る