記事の詳細

SEO用語の一つであるページランク(PageRank)スカルプティングとは、SEO対策で一昔流行った手法です。

SEOをかじっている人なら聞いた事があると思いますが、「発リンク」を意図的に操作し、自サイトのPagerankをコントロールする方法です。
以前は、内部リンクと外部リンク両方が発リンクとして評価され、発リンクが少ないサイトからのバックリンクの方が効果がありました。
普通にサイト運営をしていれば、内部リンクだらけになりますから、明らかに不自然ですけどね:
これによって、メニュー等の内部リンクに「nofollow」タグを使い、発リンクを抑える方法がSEO業界で行われていました。

そこでGoogle(グーグル)は、 現在こう発表しています。
「内部リンクにnofollowを付けても意味がありません」

そもそもnofollowは信頼していないサイト等に対して本来付けるべきものであり、内部リンクに付けるものではないからです。

トップページのサイトマップ以外のリンクを全てnofollowにしても、検索エンジン的にはもう影響はないそうです。

やはりSEO対策は、自然な状態でやるのが一番ですね!
SEO対策の手法もどんどん変わってきていますから、時代遅れになって間違った方法でやらないように注意したいですね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る