記事の詳細

ペンギンアップデート(Penguin Update)とは、Googleがブラックハット(スパム等)なSEO対策の手段を使ったサイトをGoogleの品質ガイドラインを違反していると考えるサイトに対抗するアルゴリズムです。

ペンギンが無い時代は、検索上位表示に対する評価(アルゴリズム)は単純に被リンク(バックリンク)の数だけを見て評価をしていました。

ペンギンアップデートが実装されてから、今まで価値の無いリンクや、スパム等で多くの被リンクを獲得してきたサイトが軒並み下位表示され、悪質なサイトは検索結果からはじき出されてしまったのです。

昔は相互リンクをどれだけするかを競争したり、自作自演の価値のないサイトからのリンクを貼ったり、テキストリンクを購入したりが常識でしたが、現在は「ペンギンアップデート」により無効となりました。

ですから現在のSEO対策は、非常に難しくなったのです。

ペンギンアルゴリズムは、以下のサイトを現在も監視しています。

1.過剰な相互リンクをしている(数千レベル)

2.有料の被リンクを購入している

3.自動相互リンクツールや、自動被リンクツールを貼っている

4.無料ブログ等を大量に作り、まったく価値のない(ボリュームも無い)サイトからの大量リンク

これらをしていると、Googleのブラックリストに入り、下位表示になってしまうどころか、ひどい場合は検索結果から追放されてしまいます。

以前と違い、被リンクされているサイトの質を重視する事になりましたから、今まで以上に内部対策が重要となったり、サイト自身の価値を高めなければならなくなりました。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る