記事の詳細

SEO対策の専門用語に、「キーワード出現率」というものがあります。

これは意外と重要で、検索エンジンのクローラーが何のサイトなのかを把握する上で必要となります。
検索エンジンが見るのは主にテキストで、その単語が多ければ、そのカテゴリと認識されます。

また、サイトタイトルや、メタタグ等に設定したターゲットキーワードと、キーワード出現率の高い単語が同じカテゴリじゃないとマイナス効果になったりします。

例えば

「渋谷の居酒屋ならサンプル」 というタイトルのサイトがあるとします。

でも、中身に「居酒屋」という単語が少なく、むしろ「酒」という単語も少なく、宴会系の単語が多かった場合

居酒屋というよりは宴会のサイトなのかと検索エンジンは勘違いするかもしれません。

キーワード出現率を調べ、その1位と2位あたりが重要認識されると思います。

当サイトの場合は

1位がSEO
2位が対策

上記のキーワードに特化しているという事になります。

ただし注意があります。

キーワード出現率を上げたいからと言って、不自然にキーワードを並べてたらSEO対策上マイナスになってしまうかもしれません。

例えば、居酒屋、居酒屋、居酒屋、居酒屋~!みたいな事は良くありません。

あくまで自然に。

「渋谷で居酒屋をお探しなら、おいしいお酒と肴のあると評判の居酒屋の当店にお任せ下さい!居酒屋なのにお酒を飲まなくても楽しめるので宴会居酒屋としても人気なんです」

上記のように、文章の中に適度に使っていけば、キーワード出現率を上手に調節出来ます。

SEO対策でキーワード出現率を調べたい方は以下で調べられます。

キーワード出現頻度解析
 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る