記事の詳細

オールドドメイン(中古ドメイン)は検索上位表示に有利と言われています。

ドメインは通常、新規取得した場合は半年ぐらいは検索上位表示するのが難しいです。
これは、新規取得した際の「信用度」の違いといわれており、古いドメインの方が信用度が高いと言われても納得できます。

しかしオールドドメインは、取得年月が古ければ古いほど良いと思われがちですが、実はそうではありません。
「それまでどうやって運営されてきたか」というのが大事で、取得してからずっと寝かせているようなドメインでは効果は無いとされています。

基本的に大きなメリットは、「ページランクが高いドメイン」でサイト運営するのが容易な点です。
ページランクが高く、取得年月が古いドメインであればクローラーの巡回頻度が高く、サイト開設後すぐに上位表示される事もあるのです。

理想は、日本語サイトで使われてたドメインで、同じカテゴリのサイトで、ページランクが高いドメインがあれば最高ですね。

SEO対策(検索上位表示)を視野に入れてサイト運営したいならば、「スタートダッシュ」が出来るオールドドメインを購入するのが良いかもしれませんね!

注意しなければならないのが、そのドメインがブラックハットなSEO対策などで、Googleからスパム認定されている可能性がある事、ドメインの文字列を選べないこと、以前使われていたサイトが公序良俗に反するサイトだったりと、色々と注意しなければなりませんので注意が必要です。

購入してサイト開設したドメインが、実はアダルトサイトだったりしたら困るかもしれませんし。

オールドドメイン(中古ドメイン)は、上手な使い方をすれば大きな力になり、間違えると痛い目にあってしまうので取り扱いには注意しましょう!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る