記事の詳細

Googleが提供する、マルウェアに感染していたかどうかなどを調べるチェックです。
知らないうちに不正サイトになっていたりすれば、ブラックリストに入れられ検索エンジンからブロックされかねません。

この、グーグルセーフブラウジング(Google Safe Browsing)は、不正なソフトウェアが含まれる恐れがある場合などにGoogle セーフ ブラウジング技術を使用して警告を表示します。

セーフブラウジング結果
いつのまにか自分のサイトが感染や、ウィルスなどの拡散をしていたら嫌ですよね。

外部リンク先が不正サイトであっても、拡散という意味でのペナルティが課せられてしまいますので注意が必要です。

調べ方ですが、簡単です。

http://www.google.com/safebrowsing/diagnostic?site=http://www.google.com

上記アドレスの赤い部分「site=」から先に調べたいサイトのURLを入れるだけ。

こういうチェックも、SEO対策では大切ですから定期的に行ったほうが良いですね!

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る