検索順位が下がる原因

検索順位が下がる原因
現代のインターネットを使ったマーケティングにおいて、SEO対策(検索エンジン)は欠かせない物となっています。
その重要性が当たり前になればなるほど、競合サイトが多くなり検索上位表示が難しくなってきます。
よっぽどの優良サイトを運営していない限り、今が上位表示でも何時順位が下がるか分からない状態です。

検索順位は一度上位表示になっていればずっと上位だと思われがちですが、日々順位は変動し、外部要因も含めて変化しています。
SEO対策とは、一時的なものではなく継続してこそ効果があるとも言えます。

検索順位が下がってしまう原因(例)

  1. 評価されているサイトからのバックリンクが切れた
  2. 競合サイトが評価されているサイトからバックリンクを受けた
  3. 競合サイトがSEO対策に力を入れた(自社サイトよりも最適化した)
  4. Googleのアルゴリズムが変わった
  5. 間違ったSEO対策をしてしまっている
  6. バックリンク元の評価が下がった
  7. スパム行為等の不正な手段でSEO対策をした 
インターネットやSEO対策が重要視される現在、検索順位が下がっていては勿体ないですよね。

検索順位で少しでもお悩みでしたら是非弊社にご相談ください!

ページ上部へ戻る