記事の詳細

SEO対策では、間違った方法でSEO対策をするとGoogleの検索結果から消されてしまう恐れもあります。

過去にはブラックハットなSEOが流行していましたが、Googleの対策により多くの上位表示されていたサイト達が遥か彼方へ消えていきました。

今回は、Googleが教えるSEO対策でやってはいけない事をまとめてご紹介します。

  1. ウェブサイトやページに、関係のないタイトルを付ける
  2. 無題や、新しいページの適当なタイトルを付ける
  3. サイト内の多くのページに同じタイトルがついている
  4. ユーザビリティを損なう程の長いタイトルを付ける
  5. キーワードを必要以上に各所に多く詰め込む
  6. サイトやページとは関係ない内容をディスクリプションに書き込む
  7. ディスクリプションに適当な文章を入れる 例:ここはウェブサイトです。
  8. ディスクリプションにキーワードだけ羅列する 居酒屋サイトの例:酒 肴 焼き鳥 ビール ウォッカ テキーラ 
  9. サイト内の文章をそのままディスクリプションにコピーする行為
  10. 同じディスクリプションをサイト内の全てのページや多くのページで使う
  11. URLを無意味に長くする
  12. 汎用的な(page1.html)のような名前を選択する
  13. キーワードを過度に羅列する
  14. 必要以上に深い階層にページを多く配置する
  15. コンテンツに関係のないディレクトリ名を使う
  16. サブドメインとメインドメインから同じページにアクセスする
  17. www.を使ったドメインと、そうでないドメインのリンクをページ内で混ぜる
  18. URLにローマ字の大文字を使う
  19. サイト内リンクの構造を複雑にする
  20. 目的のコンテンツにたどり着くまでに多くのクリックを要する
  21. ドロップダウンメニューや画像リンク、アニメーションリンクを多用する(テキストリンクが無い)
  22. サイトマップが古い、リンク切れになっているリンクがある
  23. サイトマップがただのリンクの羅列で整理されていない
  24. 404ページがインデックスされる状態になっている
  25. 404ページが漠然と、「見つかりません」のようなメッセージ(404の放置)
  26. 404ページに違うデザインのサイトを表示する
  27. スペルミスや文法が間違っていたり、めちゃくちゃ。
  28. 文章を画像で表示する(クローラーは画像に書いてある文字は読めません)
  29. 段落や見出し、レイアウトを使わずユーザビリティの無い長文の羅列
  30. 他の人が作ったコンテンツをコピーする行為
かなり多くて大変ですが、上記を守らないとGoogleさんから嫌われてしまうかもしれません。
逆に多く言われた通りにサイトを構築すれば、Googleに好かれるサイトになるのです。


SEO対策は、この基本に沿った方法で行うことが第一歩ですね! 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る