記事の詳細

IpadやNexus7などのタブレット端末もかなり普及してきました、各種メーカーも競い合うように製品を出し続けています。
タブレット端末で携帯サイトを見ると小さいし、通常のデスクトップ用のサイトを見ても小さいと、ユーザビリティが悪い傾向があります。

そこで、Google(グーグル)がタブレット端末で見るサイトのガイドラインを発表しました。

https://developers.google.com/webmasters/smartphone-sites/tablets

SEO対策にも少なからず影響してきそうな知識ですので、覚えて損はないかと思います。
このガイドラインのポイントは、あくまで”ヒント”という事です。

検索エンジンに優しいサイト作りのヒントは以下

Googleがタブレット端末用サイトガイドライン

モバイルユーザーの為にウェブサイトを用意するのであれば、タブレット端末での訪問者を考えるのが一般的になってきました。
Googleは、検索エンジンに優しいタブレット端末に最適化されたウェブサイトを構築するための具体的なサイト構築方法を提言をしていないが、
いくつかのヒントはあります。それは、デスクトップ、スマホ、タブレットのユーザーにサービスを提供する事です。

レスポンシブデザイン

レスポンシブデザインならば、デスクトップ、スマホ、タブレット端末に対応していますから、
Googleの推薦はレスポンスの良いウェブデザインを使ったウェブサイトです。
端末によってサイトの見え方が最適化されるように異なるCSSを使い、全てのデバイスで同一のHTMLコードを使ったサイトを提供する。

レスポンシブデザインを使った場合は、端末ごとに画面の解像度が違うので様々な端末でテストする事をオススメします。

デバイスに応じたコンテンツ

レスポンシブデザインでなくても、デバイスに合った別々のHTMLやCSS、JavaScriptなどを用意し、表示させる事も出来ます。
ユーザーエージェント(UserAgent)を使い、同じURLでも専用のURLでも表示する事が出来ます。

Googleの経験から、タブレット端末用のサイトが用意されていないのであれば、スマホ用を表示するのではなくデスクトップ用を表示させた方がユーザーは喜びます。

 

上記の事から、グーグルはスマホ用も同じですが、レスポンシブデザインを推奨しています。
シンプルですから、検索エンジンに優しいというのも分かりますね。
何より、サイト訪問者(ユーザー)が快適にサイトを閲覧出来るウェブサイトを望んでいますね、それが検索エンジンの上位表示にも影響はあるはずです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る